だれでも書けるコピーライティグ術

記事(文書)が書けない?

どーも すう です。
いつもご訪問ありがとうございます。

今日は、誰でも記事(文書)が書けるように、
との思いで書いてみました。

ネットビジネスで、稼ごうと思っている人は多いと思います。
しかし、なかなか続けられずに止めてしまいます。

なせでしょうか?
記事(文書)が書けないからだと思います。

では、なぜ書けないのでしょうか?
「なにを書いたらいいのかわからない」
「ネタ」がないから?

「ネタはネットに転がっているから、そこから見つけなさい」と、
あなたは言われてきたと思います。

そして言われるままにネットで「情報収集」しても、時間
ばかりが経過して、結局、ブログの更新はできていないの
ではないでしょうか。

はじめのうちは、こんなものです、
管理人も、書けませんでした。

「書く」ための「コツ、ヒント」を少々。

1人に伝えるように書く
あなたが書く文書は、あなたと読み手の1対1の
関係であることが最も重要です。

あなたは無意識でも「皆さん」と表現すると、読み手側は
「自分のことではない、自分に対してではない」と判断し
あなたの記事に興味を示しません。

読み手側に、「えっ」「はっ」「はい」と思わず言わせるように
「あなた」「あなたは」「あなたも」を使いましょうね。
小学生でもわかる言葉で「書く、表現する」
あなたが、小学生でもわかる言葉で書けば、訪問者さんへ、
あなたの言いたいことが伝わりますよ。

なぜなら、あなたのブログへは、あなたよりも、初心者しか
「来ない、読まない」からです、これは断言できます。

ですから、専門用語などは、なるべく使わないようにして下さい。
ヘッドコピー、サブコピーの決定
1つのテーマであなたが思っていることを、
5個ほど考えてみて下さい。ネットで収集しても良いですよ。

深く考えすぎないように、手が止まらない程度に、
思いつくままに箇条書きで、書き出してみて下さい。

必ず、PCの、メモ帳又は、ノートに記録して下さいね。

ここで押さえて欲しい点は、訪問者さんがあなたのページを
流し読みしても、「ヘッドコピー、サブコピー」で
おおよその内容が、わかるようにすると言うことです。

この「ヘッドコピー、サブコピー」で、興味を持たせることが
できれば、訪問者さんは、最初から読み直してくれるでしょう。

例として
ヘッドコピー(記事タイトル)
「AXIS」有料で販売していたテンプレートを特典でつけています。
※あなたのブログへ訪問するか、これで決まります。
検索して、1ページ目のブログのタイトルを参考に練習を重ねて下さい。

訪問者に、あなたの記事が読まれるか、どうかは「サブコピー」
で決まりますので、ヘッドコピー同様、重要になりますので、
練習を重ねて下さい。数をこなすこと、それだけです。

サブコピー1
販売者の、矢野隆司さんって信用できるの?
サブコピー2
AXIS」は、サイト作成が簡単、アップロードもいらない
サブコピー3
アフィリエイトは、「速さ」が、収益を左右する。
サブコピー4
「AXIS」のカスタマイズ機能(色設定は無限)
サブコピー5
ツールがあなたを強力にサポートします。
サブコピーに肉付けします
サブコピー1
販売者の、矢野隆司さんって信用できるの?
先ずは、矢野さんが販売している商材(ツール)の紹介です。
・CMS型サイト作成ツール「AXIS(アクシス)」
・特典配布ツール「BonusBox」
・メルマガのどこをクリックしたか、分析すツール「ClickScope2」
・複数のブログのアクセス数を、一覧表示するツール「Group-Analyzer」
などなど、です。

サブコピー2
「AXIS」は、サイト作成が簡単、アップロードもいらない
AXISはサーバーに設置するタイプですので、
百個でも千個でも、設置しても数に制限はありません。

仕事場、旅行先など、どこに居ても、
あなたのサイトが、管理できると言うことです、

サブコピー3
アフィリエイトは、「速さ」が、収益を左右する。
あなたが、アフィリエイトで成果を上げようと思うのであれば、
売れるジャンルの、「新商品情報」を誰よりも早く、キャッチ
し、誰よりも早く、サイトで紹介しなければならない、それが、鉄則。

サブコピー4
「AXIS」のカスタマイズ機能(色設定は無限)
全体設定
ヘッダの設定
メニュー設定
トップページの設定

サブコピー5
ツールがあなたを強力にサポートします。
あなたが、ネットビジネスを始めたあの日の夢が、
もう、ここまで、手の届くところまで来ていますよ、

しかし、すばらしい道具(ツール)を手に入れたとしても、
あなたが、夢を実現するために、行動しなければ、ゼロのままです。
最後、まとめ
・最後にあなたが伝えたいことを、もう一度訴えること。
・例えば、サブコピーを箇条書きでまとめ、再認識させる。
・伝えきれなかったことを書く。
記事を添削する
・記事ができたら、ブログのページで読んでみる。
・誤字脱字はないか?
・違和感はないか?
・2日後に、再度読んでみる、問題がなければOK。

あなたの文書は誰も読んでいません

あなたの文書は、誰も読んでいませんから、
安心して書いてみて下さい。

この段階では、あなたが文書を書くということに
慣れて欲しいだけです。

もう1回言います、誰も読んでいませんから、
書いて書いて、書きまくって下さい。
そして、自分のブログで、読んでみて下さい。

「きれいに書こう、かっこよく書こう」など
思わなくていいですよ。書くことに慣れて下さい。
書いたら、あなたのブログで、読んでみて下さい。

だれでも書けるコピーライティグ術のまとめ

・1人に伝えるように書く
・小学生でもわかる言葉で「書く、表現する」
・ヘッドコピー、サブコピーの決定
・サブコピーに肉付けします
・最後にまとめをする
・ページ記事の添削をする

読ませ、引きつけるためのヒント

・まず、初めに、あなたが伝えたいことの「結論」を書く
・サブコピーの肉付けには、なるべく体験談、
身近に起こったこと、失敗談などの「例え」を入れる
・よそ様のブログから、文書構成を学ぶ、「サブコピー」は
どの様な物を、どの様な順序で設定しているかなど。

以上です、

まず、書くことに慣れて下さい。

本日も、ここまでお読み下さり感謝します。

 CopyWriting の一覧へ戻る

 

本気で学びたい「あなただけ」におすすめします。
↓↓↓↓↓↓↓
危険教材「The Million Writing」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください