心理学「売り手市場」と「買い手市場」

こんにちは すう です。
今日は、心理学とネットビジネスについて書いてみたいと思います。

「心理学」によって行動させられている。

人の心を操る方法に「心理学」というものがあります。

「えっ、そんなのがあるの???」
「私も、その心理学とやらに操られているってこと?」

はい、あなたも、多くの方々も「心理学」によって
行動させられています。

あなたは、自分の意志で物事を、判断し行動していると
思っているかも知れませんが、、、

残念ながら、違います、
あなたの「目、耳、五感」から入る、情報に影響をされ、
「信じ」、あなたの「脳」が自分の意志だと思わせているのです。

あなたも、このページに来ていると言うことは、
多くのメルマガやセールスレターを見たことがあると思います、

そのなかには、読み進めるうちに
「うんうん」「そうなんだ~」「知らなかった」「自分もこうなれるの~」
など、感じたことがあったと思います。

そして、「買ってみよう」という思いを押さえきれずに、
「商材」を購入した、経験があったはずです。

そうなんです、その記事(文書)には「人の心理」を上手く
利用し、あなたが行動(購入)するように順序良く書かれていたんです。

これが、「心理学」を応用し、「人の心を操る」というものです。

実際に、
「心理学」を学び、利用して、ネットビジネスで、億単位の
年収を上げている方々がいるのです、

心理学を学んだことのない、あなたには、
まだ信じられないかも知れませんが、、、

ネットビジネスの、数年前と今。

あなたは、「売り手市場」「買い手市場」って
考えたことはありますか?

売り手市場:モノが不足している市場
買い手市場:モノが溢れている市場
ですよね。

それでは、
現在の、ネットビジネスは
「買い手市場、売り手市場」どちらでしょうか?

あなたは、どう思いますか?

3、4年前までの、ネットビジネスの業界は、情報が
不足していました、

情報を発信すれば、「もの」はどんどん売れ、
「もの」を紹介するだけで、簡単に報酬もゲットできました。

つまり、「売り手市場」だったといえます。

しかし、
現在の、この業界は、同じような「商材」であふれ、
アフィリエイターも、同じ「商材」を同じ手法で
紹介しているのが、実情です。

その結果、
購入者は、「どこを見ても同じもの」に飽きてきていると思います。
確実に「買い手市場」だといえますね。

なかなか、「もの」が売れない時代に突入ということです。

そこであなたに質問、
「もの」が売れない、、、「誰」も買ってくれない、、、
という状況になったら、どうします?
凹みますか、泣き続けますか?。。。

そんなときこそ「チャンス到来?」では、ないのですか?

世の中、あなたのまわりを見渡してみて下さい、
聞き耳を立ててみて下さい、愚痴ばかりではないですか?

「会社、年金、国」などに、依存していては、不安だと
「考えてる、言っている人たち」が、増え続けていませんか?。

このような方々に、「ネットビジネス」の魅力を
伝え、上手く取り込み、集めることができれば
「買い手市場」を作り出すことができます。

「歴史から学ぶ」ビジネス

今さっきまで、凹んでたあなた、
ストップ、ちょっと待って下さい。

「歴史から学ぶ」と言う言葉があります。

3、4年前までの、ネットビジネスの業界は、「売り手市場」
ところが、現在は「買い手市場」ものが売れにくい状況です。

もう~お解りですよね、

他の人と同じことをしていては、あっという間に
売れない市場に戻ると言うことです。

繰り返します、
「差別化」(他の人とは違う)を
確立しましょうと言うことです。

今は、どこにでもあるような、特典をいくら付けても
売れないということです。

なぜなら、
誰にでも真似できる方法は、すぐに飽和するからです。

これからの、ネットビジネスで成功するためには、
あなたにしか作れない独自の「価値」を購入者
へ付けましょうと言うことです。

「心理学」はビジネスで不可欠

また、
「心理学」を徹底的に学び行動を起こさせることは、
購入者に、買わされたと言う感情を生じさせません。

訪問者の「心理」を知り、
共感させる、信じさせる、感情を揺さぶる、興奮させる、
未来をイメージさせる、行動させる、

段階を、1つずつ確実に進めさすのです、
そうすれば、あなたの意図したとおりに
行動してくれるでしょう。

どの様な市場になっても、心理テクニックを使えば
比較的簡単に「もの」が売りやすくなります。

「心理学」は、ネットビジネスだけでなく
全てのビジネスに応用できます。

ぜひ、あなたもご活用してみて下さい。

最後まで、お読み下さりありがとうございます。

本日はこのへんで

心理学テクニックの一覧に戻る

CopyWritingの一覧を見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です