文章自動作成ツール「PSW_ver.2」は使える?

すう です。
いつも、ご訪問有難う御座います。

今日は「文章自動作成ツール」
について書いてみました。

早速ですが、いってみましょうか?


「文章自動作成ツール」は使えるのか?

2015-7-6_10-29-20_No-00
 

ネットビジネスを初めて、一番気になるのが
「文章自動作成ツール」

そのほとんどのツールの売りが、
「これが出来る、あれが出来る!」
と、そんなことばかり、、、

そんなことは、ど~でも良い。

知りたいのは、
自動生成された記事が本当に使えるのか?
ただ、それだけ!

検証するために購入したのは、巷で大絶賛の
「文章自動作成ツール「PSW_ver.2」

先ずは、使ってみての感想。
1.ワンクリックで瞬時に記事が出来る。
2.人が読める意味のある文章が出来た(感心しました)。
3.クリックの度に違う文章が作れた。
4.リライト作業がいらない。
5.記事を、コピーチェックツールで調査しても重複がほとんどない。
6.記事を外注しなくて済むからコスパが良い。
7.最大で10,000記事が作れる(こりゃ凄い)。

こんな感じです。
その他の機能も便利ですが、本日は省略します。

正直、この記事であれば、バックリンクブログで
使っても問題ないレベルです。

「キーワード」とこの記事で作ったブログからの
被リンクで、メインブログは補強出来そうですね。

私もせっかく購入したので、
バックリンクブログ、量産しようかなぁ、

あっ、今は別案件で手いっぱいですので無理ですが、
片付いたら検証をかねてやってみようと思います。


くそツール(商材)に心奪われると悲惨
ここでひと休みして、
私の恥ずかしいお話を少し暴露します。

ネットビジネスを、始めた頃のことです
1記事投稿するのに8時間もかかっていました、

そこでひらめいたのが、記事自動作成ツールです。
そのような物があれば、記事作成など、

「関係ない」
「稼げる!」

と、思ってしまったのです。(あふぉです)

そうなると、ブログなど一切更新もせず、
毎日思うことは、記事自動作成ツールのことだけです。

検索し、たどり着いたブログで、
おすすめの「記事自動作成ツール」と有れば、
何も考えずに即購入!

使ってみると、、ん???
「騙された~」

それでも、目は覚めず、買いあさり続けました、
15~20万円は注ぎ込んだと思います。

その購入した全てが、くそツール!

とてもじゃないが、人間が読める、
意味のある文書が、生成できない物ばかりでした。

「記事自動作成ツール」で稼ごうとした
私がバカだったのです、あぁ~情けない!

1年か1年半前のことです、
思い出したくもない、苦い苦い経験です。

 

購入者を稼がそうと思っている販売者は少ない
このツールを購入したのが、
販売者の田島さんが信頼できる方だからですね、

私は、田島さんのツールの、
・メイン・サイト・リライターMSR
・パーフェクト・サテライト・ライターver1
・文章自動作成ツール「PSW_ver.2」
を購入すみです。

販売者 : 株式会社T.P.L.Consulting
販売責任者 : 田嶋 秀一
所在地 :
〒105-0001
東京都港区虎ノ門4-1-21 葺手第二ビル3F

田島さんという方は、購入者第一に
考えておられる方です、購入後の
サポートもそうですが、無償バージョンアップの
頻度が凄い、実に素晴らしいです、感心します。

購入した方は、ほとんどが、田島さんに
感謝しているのではないのでしょうか?
私はそう思っています。

↓↓紹介動画もご覧下さい↓↓


 

最後に
現在では50ジャンルが販売されていますが、
それもアフィリエイトで
成約率の高いジャンルばかりです。

今後もどんどん増えていく予定だそうです。

サテライトに投稿するための、面倒くさい記事を、
この文章自動作成ツール「PSW_ver.2」
が請け負ってくれますから、大変重宝します。

これまでの私の経験上、「記事自動作成ツール」
ではこのツールに勝る物はないと確信しています。

あなたも、記事作成で悩んでおられるなら、
使ってみる価値は、十分にあると思います。

ジャンルも豊富ですので、ご覧になってみて下さい。
↓ ↓↓ ↓↓ ↓
button_013

 

購入者特別特典プレゼント。
テンプレートをお付けします。
レスポンシブ?(Responsive)で、
メニュー10個の10ページのテンプレートです。

確認は→コチラからどぞ

 

 

“文章自動作成ツール「PSW_ver.2」は使える?” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください